水没した本体を振り回さない!

水没直後の対応を知っておこう

iPhoneが水没してしまったときにやってしまう失敗が本体を振り回すことです。水没してしまったら、水を切っておきたいという気持ちになるのは分かりますが、本体を振り回してしまうと水が奥まで侵入してしまうため、逆効果となってしまいます。iPhoneが水没してしまったら、水分を吸収しやすいタオルで拭くことが重要です。傷をつけないように優しく拭き取るようにしましょう。
電源が入っている場合には内部に悪影響を及ぼすケースも考えられます。そのような事態を招かないために電源を切っておくことも求められます。
iPhoneが水没した場合にはイヤホンジャックのような細かい部分にも水が浸透している可能性が高いです。そのような部分の対応としてはティッシュを使った拭き取り作業が効果的でしょう。

乾燥させるのも効果的な対処法

タオルで水分を拭き取っても、細かい水滴が残っている可能性が考えられます。そのようなケースでは乾燥させることも重要になってきます。例えばタッパーやビニール袋にiPhoneを入れて、密閉しておくのがオススメです。このときに乾燥剤を一緒に入れておくと高い乾燥効果が期待できます。タッパーやビニール袋が自宅にない場合は、ドライヤーの冷風で乾かすのも有効な手段と言えます。
乾燥させてから、1日以上は電源を入れない方が良いでしょう。1日以上経過すればiPhoneが乾いているので、電源を入れて起動するかの確認作業を行います。起動できたのであれば、早急にバックアップを取ることが大切です。少しの間は使用できる状態ですが、水没したiPhoneの長期的な使用は難しいため、バックアップを取った後は修理に出すのが良いでしょう。

iPhoneが水没してしまったり画面が割れてしまったりしたとき、とても落ち込みますよね。もちろん修理に出すのが一番なのですが、なかなか難しいという場合もあると思います。ここでは、自分でできる対策についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneの水没

iPhoneの画面割れ