割れた画面にラップを巻く!

修理へ出すまでの応急処置になる

iPhoneの画面が割れてしまったときは、応急処置としてラップを巻いておく方法もあります。割れた面積が大きい場合でも、ラップを巻いておけば破片が散らばる心配もありません。保護フィルムのように、なるべく空気が入らないよう巻いていくのがポイントです。薄いラップは破けやすいので、何回か重ねて巻いていきましょう。ラップを画面にしっかり密着させれば、タッチ操作の反応も良くなります。見た目は少し不格好になってしまいますが、指をケガする心配もなくなるので安心です。割れた部分は力を入れすぎず、優しくタッチすれば問題ありません。画面が割れた状態で使っているとひび割れも広がりやすいので、なるべく早く修理へ出しましょう。

外出中に画面が割れてしまったときは

外出中など、ラップがない環境でも画面割れの応急処置は出来ます。セロハンテープを使えば、割れてしまった画面も部分的に処置できて便利です。ラップよりも粘着性が高いので、さらなるひび割れも防ぎやすくなります。コンビニや100円ショップなど、外出先でも気軽に購入できるのが魅力です。長期間貼っておくと剥がしにくくなることもあるので、定期的に貼り替えておきましょう。すぐに修理に出せないときでも、液晶保護フィルムを貼っておけば使用感も良くなります。傷や画面割れを予防するために使うのが一般的ですが、割れた画面の応急処置としても活用できるので便利です。iPhone専用のフィルムならカットする手間もなく簡単に貼れます。

iphone6sのバッテリー 交換は、アップルストアに依頼する方法以外に、非正規店で交換を依頼する事もできます。保障などは無くなってしまいますが、安価に交換できます。

iPhoneが水没してしまったり画面が割れてしまったりしたとき、とても落ち込みますよね。もちろん修理に出すのが一番なのですが、なかなか難しいという場合もあると思います。ここでは、自分でできる対策についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneの水没

iPhoneの画面割れ